洗いすぎが毛穴を汚くする

鼻の黒ずみや角栓、ざらつきなど気温の上昇につれて悩みも深刻になってきます。
気にするあまり鏡とにらめっこしながら爪で押し出したり、はがすタイプのパックをする人もいるのではないでしょうか?

 

まず、気になる人の多い角栓悩みですが多少の角栓は誰にでもある物です。

 

無理にいじって取り出してしまうと、ぽっかりと穴の開いた毛穴になり時間が経つと埋まるように再び角栓が発生するようになります。これが多くの人が陥りやすい悪循環です。

 

いじればいじるほど毛穴の穴が大きくなるので、無理に押し出したり爪でいじる行為はやめるべきです。

 

角栓のつまりが上手く排出されない時は週に1〜2回程度であれば、洗顔用筆かブラシが市販されているので力を入れずに優しくマッサージするように洗顔すると角栓のざらつきも解消されやすくなります。

鼻の黒ずみの場合は毛穴に溜まった皮脂が酸化した物で黒く見えているので、代謝を促進させて皮脂を出しやすくする必要があります。

 

マッサージクリームかベビーオイルで気になる黒ずみの部分をクルクルとマッサージすると、クリームやオイルの油分と酸化した皮脂が溶け合って酸化した皮脂も取れやすくなります。

 

どちらにも共通して言える事ですが、実はきれいにしようとするあまり強くゴシゴシとケアするのは肌を痛めてしまう原因になると同時に毛穴の詰まりを悪化させてしまう原因になるのです。

どうして摩擦で毛穴がつまる?

どうしてしっかりと汚れを落とすためにゴシゴシと洗うと毛穴が詰まってしまうのでしょうか?

 

実は、肌を摩擦しすぎるとターンオーバーが乱れてしまうのです。

 

その理由は、私たちの肌には刺激を緩和しようとする防衛機能が備わっているからです。

 

どういうことかと言うと、皮膚というのは外部からの刺激や異物の侵入を防いだり、皮膚の水分を逃がさないようにする働きがあるのですが、強めの刺激を続けていると、ダメージを少なくしようとして皮膚を厚くしようとするのです。

 

どのようにして皮膚を厚くするのかというと、肌が入れ替わるターンオーバーのタイミングを遅らせて、本当は剥がれ落ちるべき皮膚を残しておくことで皮膚の厚みを増すのです。

 

これで刺激に関しては良い方向に向かうのですが、当然、毛穴などのある皮膚の上に厚い皮が乗るわけですから毛穴が詰まりやすくなりますよね。

 

角栓というのは角質が皮脂などと混じって毛穴につまったものなので、当然角質が熱くなれば毛穴が詰まりやすくなるのです。

 

このように、一生懸命擦って洗うことが、汚れをしっかりと落とすどころか実は毛穴が汚くなりやすい肌を育ててしまうことになるのです。

 

よって、角栓や黒ずみなどが目立つのであれば、洗顔やクレンジングの時は、極力肌に刺激を与えないようにする方が良いのです。